ITシステム・ソフト関連  

関連広告

IT関連ページの移動


2.これからはじめる人へ

簡単に自分が習得してきた内容を振り返り、これから学ぶ方が習得していくべき 技術を以下に列挙します。

<01.RDB(リレーショナル・データ・ベース)基礎>

 (1).テーブル
 (2).リレーション(参照整合性)
 (3).ビュー(クエリー)
 (4).正規化と正規化くずし
  (メンテ性+動作速度+プログラミングの簡単化の考慮)

<02.フォームについて>

 ・接続とデータ操作:
  連結と非連結(必要な極力最小データのみ扱う)
 ・表示+操作テクニック:
  コンボボックスなどの連動表示
  フォーム間連動
  オブジェクトモデルと参照操作

<03.VBコーディング>

 (1).IDEの使い方
 (2).文法など
  -1).変数--宣言/データ型/配列/スコープ
  -2).サブルーチン・プロシージャ/関数プロシージャ
   ・引数(参照渡し、データ渡し)
   ・戻り値
  -3).オブジェクト
   ・オブジェクトの概念/主なオブジェクト
   ・メソッド
   ・プロパティ
  -4).制御
   ・If文/Select文/ForNext/DoLoop/条件式
  -5).既存の関数
   ・文字列操作/時間日付操作 など
 (3).コーディング規約
  ・変数命名の規則
 (7).SQL
  ・文法とVBからの実行

<04.DB操作等>

 ・同時実行管理(整合性等矛盾のないマルチユーザー同時処理)
 ・トランザクション機能
 ・障害復帰機能
  <外部データベース>
   MDBバックエンド
   MSDE、SQLServer(アップサイジング)
  <接続操作>
   DAO/ADO/RDO
   ODBC/ODBCDirect/OLE DB Provider
   MDBかADPか?
 ローカルのワークテーブルを高速に動かすためとメンテ開発性を考え
  (1).MDBでワークを本体内部におき(外部は遅い)
  (2).ADO使い
  (3).外部DBはODBCを基本に(処理時間がかかる部分は別)
  (4).その他(ODBCDirect/RDO/DAO)

<05.最適化など>

 最初のソフトはわけがわからず作ることが多いでしょう。2本目に
なると、1本目のソフトからコピー&ペーストで再利用を図ること
を考えます。3本目以降になるとよく使うルーチンを集めて1つの
モジュールに集めて汎用性とメンテ性を高めようとします。さらに
成熟してくると、DLLやCOM化し、どんどん部品化したくなります。
そして、より短時間に効率よく作成できる手法を模索します。
   ・共通モジュール化、SLL/DLL/COM 化
   ・メンテ性を考えたコーディング
    カーソルの一般化
    OLEの利用
   ・処理速度改善
    参照回数削減(キャシュ)
    オーバーヘッド圧縮
    IIf文/IntegerとLongの違い

<06.その他>

 ・Windows Server
 ・SQLServer

About Us | Site Map | Privacy Policy | Contact Us | © 2003-2007 Copyright (c) LaFraise.netR All Rights Reserved.