広告掲載致します
住宅関連広告掲載募集。地域に根ざす、ハウスメーカー・工務店様、広告掲載を承ります。 上記メールアドレスまでお知らせください。
今、家(不動産)購入を考えている方の中には、「新築」にすべきか「中古住宅」にすべきか で悩んでいる人も多いと思います。また新築に決めていても、どこの「ハウスメーカー」「工務店」 を選べばいいのか?、はたまた「設計事務所・建築家」 を選ぶべきなのかで悩んでいる方も多くい るのではないでしょうか?1年ほど前に土地を購入し新築の家を建てた一般消費者Aさんが得た経験 ・購入時のポイントを、皆さんに紹介します(Aさんの住まいは、石川県金沢市周辺。ここに掲載している内容は、北陸地域に関わりが深い土地/住宅/不動産の情報が含まれています)。

1.はじめての家作り

1.家購入の意欲を高めよう!

人生設計がしっかりしている人や日ごろから家計に注意している人もいるでしょうが、多くの人は(特に若い方は) 高価な買物となる「家・住宅/土地(不動産)」の購入の必要性を実感していないのではないでしょうか? Aさんもアパート・借家暮らしが長かった割りに、家賃の一部に対し会社補助などがあったことから、家の購入 を切実に考えていませんでした。しかし、40歳の頃、会社からの補助が無くなることを機に、ようやく住宅取得を 考えるようになったのです。 しかし一方で、「毎月家賃を払い続けても借家は家も土地も自分の物にならないのだから、住宅を早く購入し てローンに充てたほうが良い」とは思っていても、かなか本腰が入りませんでした。そこで、自らをその気に させるために、本屋へ行って住宅雑誌などを買い、住宅展示場や新築内見会などにも家族で出かけるように して、意識的に購買意欲を高めて行きました。「結婚と家購入は勢いでするもの」と言う人もいますが、 住宅購入においては、「なんとなくそれなりの年齢になったから・・」ではなく、切実な状況や住宅購入に向 けた十分な意欲を向上した上で行動しないと、納得の行く結果は得られないでしょう。
また、反対に「本当に家購入が必要なのか?」と自問することも大切です。借家が得か、中古住宅が得か、新築が いいのか?これに関する考え方も記載してみました。

2.何はさておき、予算が第一!

ある程度情報を集めたら、まずは土地/住宅(不動産)に充てる予算を算定しましょう。例えば自動車を購入するときを考えると 中古車・新車のどちらであっても、予算を大きくオーバーした車はローンに苦しむだけです。家はさらに高価 ですから、慎重かつ正確に予算の算定をすることが重要です。予算とは関係なしに希望の間取りやデザインなど優先 させる事項は希望として明確に考えを持つべきですが、予算を超えた買い物は一歩間違えると、家庭崩壊にも つながる危険を持っています。予算と必須希望条件が決まれば、多くある住宅メーカー・工務店の中から自然 と数社に絞り込まれてきます。
※Aさんの場合の必須条件は「5LDK」と「インナーガレージ」の2点。少ない予算でこの条件を満たす会社の中か  ら一番条件の良いものに絞り込むことで決定しました。

3.新築か中古か?

住宅の購入は自動車購入時における、「新車」と「中古車」の選択に似ているところがあります。例えば、自動車の 乗り換え時期を向かえているときに、新車同様でしかもほしいと考えていた車が、中古としてあったら? 年式は新 しくはないが、走行距離少なめで損傷がなく程度がよいものが目の前に現れたらどうしますか? 住宅も同じで、しかも車よりも高額であるが故に、検討の価値が十分にあります。